お洒落なデスク

貴重な開業資金を賢く使うのに役立つバーチャルオフィス

長い机

どのようなエリアの物件でも、オフィス用不動産は賃料が高くつきます。オフィス家賃に多額の資金を費やしても、それだけで事業がどう発展するというわけでもないので、できれば、ここを節約して他の活動に資金を回したいところです。これを可能にしてくれるのがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスの利用料金は非常に安く、これは、オフィス物件への入居なしに、住所と電話番号をレンタルするのみだからです。
ビジネスの内容次第では、オフィス物件を敢えて借りるまでもなく、自宅などで十分こなせるケースは多いです。そんなときは、バーチャルオフィスを借りて賃料負担を大幅に減らすことにより、開業資金をより自由に使う余地が生まれます。開業してしばらくの間は、広告宣伝、営業等、幅広い経営活動に資金を投じる必要があります。
最初からスタッフを雇用する場合は、人件費の負担もあるでしょう。オフィス家賃という固定費があることで他の活動に使える資金が乏しくなるのは、望ましい状況とは言えません。広告宣伝や営業活動の方が、オフィス家賃よりも、事業の成長につながる可能性が高いので、是非、バーチャルオフィスを利用して賃料負担を減らし、貴重な資金を有効活用しましょう。

専門を生かして独立するならバーチャルオフィスを利用しよう

長年特定の分野で十分な経験を積んできて、今後は独立して自分のビジネスとしてやっていきたいと考えているなら、オフィスとしてはバーチャルオフィスの利用を検討しましょう。バーチャルオフィスは、事業用物件の賃貸契約を結んで実際に入居する代わりに、オフィスアドレスと電話番号を有料でレンタルできる仕組みのサービスです。これは、実務のために特別なオフィスを必要とせず、単に対外的に事業拠点を安全な方法で明示する必要がある場合に、非常に便利なサービスです。
例えば、自宅で十分に対応できる事業内容であっても、名刺やウェブに自宅の住所を公開するのは嫌という人は多いでしょう。そんな時、バーチャルオフィスと契約していれば、レンタルした事業所住所情報を使うことができます。このサービスを利用すれば、オフィス入居に伴う多額の固定費が発生しないため、何かと出費が多い立ち上げ当初のビジネスにとっては、非常に助かるでしょう。
せっかく得意分野を生かして起業しようにも、オフィス家賃の重さを考えると、独立は時期尚早かもしれないと悩む人は多いです。これは、非常にもったいない話です。バーチャルオフィス活用で、早期起業の道を切り開いてはどうでしょうか。

無理なく安全に起業するのに活用できるバーチャルオフィス

ベンチャーの立ち上げやフリーランスとして自分のビジネスを回していこうとするとき、事業所をどうするかという課題に誰もが直面します。オフィスをまともに借りれば、自宅の家賃に加えてオフィス家賃の負担もかかり、そうかといって自宅をオフィスにすると、自宅の住所を営業先その他に公開することになり、安全面での不安があるでしょう。この両方の課題を上手く解決する策として、バーチャルオフィスの活用が考えられます。
バーチャルオフィスと契約すると、オフィス情報として使えるアドレスと電話番号をレンタルできます。借りるものは物件ではなくアドレスなどの情報のため、利用料はオフィス家賃とは比較にならないほどの安価です。オフィス情報として、自社のウェブ、名刺などにも掲載できるため、自宅情報を公開することに伴うリスクも十分に避けられます。
費用面で無理がかからず、かつ安全に起業する方法として、バーチャルオフィスは非常に好都合と言えるでしょう。バーチャルオフィスは様々なエリアにあり、利用料金やオプションで追加利用できるサービスも色々です。立地場所の知名度や、会議室を使うか使わないかなど、詳細を検討して、一番使いやすいところを選びましょう。

コストを低く抑えて起業するにはバーチャルオフィスがおすすめ

自分のビジネスを興したいと思いつつなかなか踏ん切りがつかない大きな理由として、オフィス家賃の負担の重さがあります。そんな場合は、立ち上げたい事業の性質に照らして、バーチャルオフィス活用が可能かどうかを検討してみましょう。バーチャルオフィスというのは、文字…

MORE


TOP

Copyright © 2021 起業する人の多くがお世話になっているバーチャルオフィスの魅力 All Rights Reserved.